2019年、更にグレードアップして来日するKAMINOS(カミーノス)

ヒストリー第5話は、やっと彼らの初来日・初日の話になります。

当時は、スマホもSNSもWi-fiも そんなに普及していなかったので、
彼らが飛行機に乗るところまで確認した後、
約28時間、無事に到着するのを祈るのみでした。

2009年11月18日、午前7時過ぎ、
彼らの飛行機が成田に到着したのをネットで確認した約30分後、
03-××××-××××から着信が・・・

8時前に電話が鳴ることなんてないので、チョット嫌な気配を感じつつ電話に出ると、
「ブリティッシュエアウェイズの〇〇と申します」と男性の声。

え~~??? なに? なに~~???

と叫びたいのをグッとこらえ、話を伺うと、
「そちらでご手配されたアルゼンチンからの御客様が、
 ラージドラムが無い、とおっしゃっておられまして、
探してはみたのですが、
今、成田に着いた便には乗っていなかったようなのです」

むむむ・・・ ボンボが行方不明!

彼らが乗り継いだヒースロー空港では、
当時、荷物の紛失が多発しているという噂もあったし、
その数年前、ブリティッシュエアウェイズの荷物の紛失も多かったようなので、
万が一に備え、本番までに調達不可能なもの=衣装と靴は、必ず手荷物で持ち込むように、
と、メンバーには話してありましたが、
まさか、福岡では買えない民族楽器ボンボが行方不明になるとは・・・

(楽器のトラブルに備え、事前にいろいろ調べていたのですが、当時、ボンボは調達に1週間必要でした)


Diego y Martin-1
美しく迫力ある歌声のヴォーカリスト:ディエゴ(写真左)が演奏しているのがボンボです。
メンバー紹介は また後日・・・


ブリティッシュエアウェイズが、ヒースロー空港を探しており、
昼過ぎの成田-福岡便の出発まで、捜索状況を彼らに伝え、
こちらにも連絡をくださるというので
「とりあえず、楽器は用意するから安心するように、と伝えてください」
と、伝言しました。
(私のナンチャッテスペイン語で話すより、ブリティッシュエアウェイズの紳士に話して貰った方が、彼らも安心するだろうと思ったので)

お昼前に、再度ブリティッシュエアウェイズから電話があったものの
「まだ見つかりません」とのこと。

「ところで、彼らは、どうしていますか?」と尋ねたところ、

「それがですね・・・ 

ラージドラムの持ち主の方と、リーダーらしき方は、
やはり、少しナーバスな面持ちなのですが、
他のメンバーの方々が、待ち時間も長いので、退屈しのぎなのでしょうか、
楽器を演奏されたり、歌を歌われたりして、
今、空港では ちょっとしたライブが始まってまして、
私どもも、楽しませていただいています


とのこと。

なんと素敵な話!
思わず、大笑いしてしまいました。

まぁ、笑えるのも、その時点では、ボンボを借りる段取りが整っていたから、こちらも少し余裕があったわけですが・・・

その後、福岡空港で彼らの到着を待っている時に、
ボンボは、アイルランドで見つかり、2日後の夕方には福岡に到着、と連絡がありました。

その夜は、アルゼンチン料理店「ポルテーニョ」で、空港でのライブの続きもやって貰い、
楽しいツアーの幕開けとなりました。

朝っぱらからの「ボンボ貸して貰えませんか?」のお願いに
「いいよ~。天神まで持っていこうか」とご快諾くださったHARUさん
あのご恩は、一生忘れません。ありがとうございました。

※この写真は、HARUさんのFacebookからお借りしました。
 https://www.facebook.com/haruoffice?ref=br_tf
 センターの女性と男性のデュオがHARUさんです。
 http://www.harudesu.jp/HARU/Home.html

HARU

リハーサルでは、HARUさんのボンボをお借りしました。
国内外で御活躍のHARUさんが、あの日、福岡にいらして、本当に良かった!

アイルランド経由で福岡に到着したボンボ。
楽器自体は無事だったものの、木製のケースがズタズタでバラバラの悲惨な状態でした。
しかし、災い転じて福となす!
2011年の2回目の来日の際には、保険で新調した立派なソフトケースになっていました。